hideyoshi.life

WEB系フリーエンジニアの日々

脱三日坊主

いちおう、第一関門の3日は一応継続していたみたいだ。。今回は全くテーマを決めてなかったので、思いつくままキーボード動かせたので結構簡単?というよりも、、全然苦にならずに、義務感もなく、自然に書く事ができた。やっぱ無意識に書き続けるのは、結構難しくはないんだな。頭に思い浮かんだ事をそのままキーボードに落とし込めばいいんだ。でも、書くのは簡単だけど、いままでその簡単ってことが全然できてなかった。何事もそうだけど、できちゃえば、後から説明するのはすごい簡単なんだけど、できないことっていくら頭で考えたりしても全然わかんないんだよね。これが、教える側と教わる側の壁なんだろうな。しかも一回できちゃうとできなかった事のことはすべて忘れさってしまうので、、なんで分からないのかも分からない。。。やっぱ教える技術はいかに、過去にさかのぼって、感情まで再現することができるかなってことだと思う。簡単にいうと想像力?記憶力かな?だとおもう。いかに今のできている自分の感覚知識を一旦リセットして、教わる側の立場になりきるってことかな。。まあ、書くのは非常に簡単なんだけど、実行するのはすこぶる難しい。。本呼んでできた気になって、実施やると全然できないってこういうことなんだろうな。。なんなんだろう、、この理屈で分かっても、体でわかってないっていう現象は。おそらくなんだけど、理屈で分かったつもりでも分かってないのかもしれない。頭の中で考えることってのは、どんなに抽象的でもなりたってしまうんだけど、実際の世界とういのは具体性の世界なんでそこの乖離が大きいのかも。なんか言うよね。。神は細部に宿る??だったかな。結局はやはり想像力ってことかな。頭でわかって、それを想像力を極限までつかって、(できれば実際に体を動かして)細部の感覚までイメージして、細部の細部まで理屈で理解できれば、頭の理解と体の動きの乖離がかなり小さくなるんだろうな。よくイメージトレーニングでかなりの上達ができるというけど、やっぱりそれは、実際に経験したことがある人がイメトレするとうまく行くけど、なにもやった事が無くて、本だけよんで、イメトレしても全くだめなんだろうな。。予習よりも復習。まあ、予習もやらないよりは、やっておいたほうが、自分の想像力に足りなかった部分が認識できるので、想像力の向上にいいのかも。ちょと話は変わるけどやっぱ思考は、体が合った上での思考なんだなと、このブログを書いていてつくづく思った。ふとタイトルを見ると、脱三日坊主なんてどうでもいい事かいってあって、今自分が書いていることと全く違う内容になっている。書いているうち(体を動かしているうちに)に思考が活性化して、いろんな事が思い浮かんでくる。書き始めには全く思いもよらなかった、想像力の話になっている。。まあ、継続は力なんで。とくに深く考えず、だらだらブログを続けてみます。